映像EDIT

テレビ

テレビとは電波で映像と音声を受信して放映する機器のことです。テレビで生中継!このようにその場にいなくても観戦できる!何て素晴らしいものでしょうか。とは言っても皆さんおなじみのテレビですからあまり小難しい説明も要らないとは思います。しかし、一応書いておきますとテレビにも幾つかの種類が有り、特に最近は情報化や地上デジタル放送対応などで数多くの機器が登場し、どれを購入しようか困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなコレからテレビを購入される予定の方々にはご自分にあった映像機器の参考と個人的な感想を織り交ぜながらご紹介しています。

ブラウン管テレビ

このページを読んで下さってる方たちの殆んどの方が一時期お世話になっていたブラウン管テレビです。見た事無い方は家電量販店に店員さんに聞くか、リサイクルショップに突撃してみたら販売しているかも知れません。最近思い始めたのですが、平成生まれってもしかしてブラウン管テレビを知らないのかと思っているんですがどうなんでしょうか?

数年前まではどこの家庭でもニュースやバラエティー、アニメを観ていたテレビなのに、最近は殆んど見かけなくなったブラウン管テレビですが、その理由は最近政府が代々的に打ち出している「地上デジタル放送」への移行によって次第にその姿を減少させつつあります。絶滅危惧種でアナログの代名詞のブラウン管にも優秀な部分が有ります。その部分とは映像の発色が良い事とテレビの寿命が長くめったに買い換えない事です。いくら昔の技術だとは言え、構造が単純なほど壊れ難く耐久性に優れているはなんとなく解る気がしますが、映像の発色が良いとはどうゆう事だろう?と感じた人もいると思います。そんな方々のために少しご説明いさせていただきます。

実は、ブラウン管は液晶画面が実用化され始めてからもしばらくは店頭で販売されていました。その理由は初期の液晶に在り、液晶画面に写した映像は推奨している角度から画面を見るようにしないときちんとした画面彩色にならなかったのです。そのため当時(液晶がテレビ画面として使われる以前はパソコンのディスプレーとして使われていた)は見る角度によって映像や画面の彩色が違ってくる液晶画面より、ブラウン管ディスプレーを好んで購入する人がかなり多く、実際に「ブラウン管で写しだされる柔らかい映像が好き」や「液晶は映像を観ていると動きが悪くなった感じがする」などブラウン管で観る映像にご執心の人たちがよく選んでいたそうです。 ブラウン管テレビの良い所だけ書いてしまっては比較になりません、もちろん悪い部分だってちゃんと有ります。自重が重い事と場所を取る事です。まず最初に自重が重い事ですが、これはブラウン管テレビの構造的なモノなので仕方が無いと思います。一応書いておくとブラウン管は管全体がガラスで出来ているため非常に重いです。しかしコレは殆んどの人が思う事なのでしょうが、テレビなんて早々動かすモノでは無いですか重さは特に問題は無いかと思います。そうなるともう一つの問題点の「場所を取る」が問題になってきます。ブラウン管テレビをお持ちの(持っていた)方は判っていると思いますが、ブラウン管は構造上の問題で奥行きがあります。その奥行きは画面が大きくなればなるほど深くなるため、日本の住宅事情では中々大画面テレビの購入が出来なかった事もありました。そのためブラウン管以外の部分は小型化・軽量化が出来ているにも関わらず重く設置スペースの幅も取る部分がデメリットになってしまったわけです。  続く~

注目サイト




最終更新日:2019/7/31